「会社が嫌なら辞めちゃえば?」辞めていい3つの理由

この記事をシェアする

 

転職を繰り返した私ですが、今回は短い期間で会社を辞めていい理由を書いてみました。結構ダークネスな仕上がりに。。。

 

 

f:id:pontaman7:20180407113836j:plain

 

・嫌な仕事では力を発揮できない

仕事内容が自分には合っていない、嫌な仕事ばかりやらされる。仕事内容が嫌だと感じる人も様々な理由があるでしょう。

私の場合は、どんな理由であろうと「嫌だ」と思ってしまったら、なかなか変えることはできません。

昔コピー機の修理をやっていたことがあります。それは本当にきつい仕事でした。大嫌いな機械、はたまたパソコンとの闘いです。入社してから毎日のように勉強していました。(やらされていました。)そして、お客さんから修理依頼があった場合、夜でも行きました。残業が長くなることも多かったのです。

しかし、「初めて正社員として入社した会社を簡単にはやめてはいけない!」と思い、毎日自分自身に「コピー機が好きだ。コピー機が好きだ!」と暗示をかけて働いていました。嫌いな仕事も好きになろうと努力はしていたんです。

そんな時に気がついたんです。工学部上がりの人とかと比べると成長率が大きくちがうことに。その人と私の違うところは、スタートラインが違うとかではなく、「仕事を楽しんでいた」というところです。

嫌いな仕事、合わない仕事、そんなこと続けていても自分の能力、やる気すら発揮されないことに気がつきました。

仕事が嫌だと本気で感じるなら、会社を辞めて少しでも好きだと思う会社に転職しましょう。好きな仕事を精一杯やることが1番世の中のためになると思います。

 

 

・精神を病む危険あり

会社が嫌だと感じることは、「仕事内容が嫌い」だけではなく、「残業時間が長過ぎる」や「人間関係がうまくいかない」など様々な理由があります。

これらを我慢しながら働き続けていると、心を病んでしまう危険性があります。しかも、プツンっといきなり来るものなのです。

私は会社が嫌で動悸や脈の乱れ、胃潰瘍睡眠障害、電車で倒れてしまったりと身体に影響が出たことはあります。私はこの時に辞めてよかったなと本気で感じていますが、友人は身体に影響が出ても働き続けました。

するといきなりその友人は会社に来なくなり、辞めてしまいました。後々連絡を取ろうとしたのですが、ラインもメールアドレスも電話番号さえ変わっていて、完全に音信不通になってしまいました。上司が家まで行ったらしいのですが、親が出てきて「躁鬱病」ですとだけ言われたらしいです。

自分が壊れてしまっても会社は何もしてくれません。壊れるくらいなら会社なんて辞めていいです。

 

・世間はそこまで見ていない

会社が嫌でも辞められない人ってとにかく世間体を気にする人が多いです。飲み会で会社の愚痴を言いまくる友人に「本当に嫌なら辞めればいいのに」というと、「人間関係も残業もたくさん!本当に嫌なの!でも3年は働かないと。。。」なんて返ってきます。

あなたが半年で辞めようが2年で辞めようが、こっちとしてはどっちでもいいし、何よりその会社で何年働いているかなんて忘れています。

他の友人は「短い期間で転職すると女の子にウケよくないやん?」とかいう人もいました。

嫌な会社で死んだように働いている彼より、転職多少しても生き生きと働いている彼の方がかっこよく見えると思いますがね。

世間を気にして会社の転職の有無を決めることは間違っています。 

 

 

私は会社にそこまで執着がないのでこんな感じで書いてみました。

本当に辛いときは遠慮なく辞めていいって思います。まぁ、会社勤めしなくても生きていけますしね。