ぽんたまん's レコード

社畜。変態。肉体改造中。目指せ!フルマラソン完走!

ストレス?イライラ?そんな時はシャウトで発散しましょう!シャウトがカッコいいミュージシャン5選!

この記事をシェアする

 

こんにちは。ぽんたです。

 

最近イライラが募りまくってます!そんな時はデスボイスやスクリーム、シャウトなどの音楽を聴くとかなり発散できますよね。

って事で今回はぽんたがかっこいいと思うシャウト系ミュージシャンを挙げてみます。

てか、ストレス社会への反抗を表す曲ってないですよね。。。昔は政治批判とか、たくさんあったのにね。

 

f:id:pontaman7:20171110200449j:plain

 

 

①シャウトの元祖か!?ロック界の重鎮Aerosmithエアロスミス

 

言わずと知れたビッグバンドのAerosmith!73年デビューで、かつシャウトが冴えているバンドはこの時代いなかったと思います。曲もアメリカのハードロックって感じでかっこいい上に、シャウト、またしゃがれ声がなによりも魅力。I Don't Want To Miss A Thingではあのしゃがれ声でのバラード曲も歌っています。

バラードからシャウトまで何もかもがかっこいい!ボーカルのスティーブンタイラーはめっちゃ強い声帯を持っているんだなっと思いますね。

 


Aerosmith - Back in the Saddle (from You Gotta Move)

 

 

②日本のロックバンドにおいて最強のシャウトDir en greyディルアングレイ

 

ぽんたが大好きな日本のバンドです。V系バンドとして超がつく有名バンドなのですが、見た目は綺麗系というよりヤバイ系。。。とにかくPVも気持ち悪い。イギリスのメディアが発表した「物議をかもしたミュージックビデオランキング」では8位になるほど。世界のランキングに載っちゃうほどです。そして、なによりデスボイスとシャウトの精度が高すぎる。ぽんた的には世界でも3本の指に入っています。とにかくおすすめです!

映像かなりグロいにで注意です!

 


Dir en Grey - Obscure Uncensored [HQ]

 

 

③2000年代最大のバンドLinkin Parkリンキン・パーク

 

このバンドも言わずと知れたビッグバンドですね。とにかくボーカルのチェスター・ベニントンのシャウトがヤバイ!これは本当にヤバイ!シャウトだけ切り取ったら世界一です。映画トランスフォーマーの曲として数々のヒット曲を世に売り出し、Linkin Parkという名前を知らなくても曲は聴いた事ある人多いと思います。

しかし残念ながらボーカルのチェスターが2017年7月に亡くなってしまいました。自殺だったらしいです。あの圧倒的なシャウトをもう聴けなくなってしまうのは本当に悲しいことです。

 


Linkin Park - Given Up (Live in Milton Keynes, England 2008) (Pro Shot HD)

 

 

④破壊力が半端ない!slipknotスリップノット

 

メタルバンドとして絶大な人気を誇るslipknot。バンドメンバーの全員がマスクを被り、9人から飛び出すエネルギーある音が地響きのようにとどろきます。なんかもう地震って感じ。

ボーカルのコリィ・テイラーのデスボイス混じりのシャウトとか、とにかく破壊力バツグンでかっこいい!そして、このコリィ・テイラーは単純にデスボイスやシャウトを歌うだけでなく、ラップやバラードまで歌える技巧派。コリィが参加しているストーンサワーというバンドでは、バラード調の曲も多く、一味違ったボーカリストの顔を見ることができます。

 


Slipknot - People=Shit (Live)

 

 

⑤スピード感とシャウトがたまらないBullet for My Valentine(ブレットフォーマイヴァレンタイン)

 

ぽんたが高校時代に一番ハマったメタルバンドかもしれません。とにかく聴きやすい!スピード感がある!しゃがれたシャウトもかっこいい!カラオケでよく真似して歌ってましたね。

Bullet for My Valentineはメタル界でも数々の賞を受賞していて、とにかく勢いのあるバンドです。ストレス発散には欠かせない音楽だと思います。

 


Bullet For My Valentine - Waking The Demon

 

 

番外編:James Brown(ジェームズブラウン)

 

ファンクの帝王と呼ばれ、マイケルがステージパフォーマンスを真似したというほど、エンターテイメント界に影響を与えたJames Brown

魂で歌うソウル歌手として有名ですが、実は結構シャウトしまくってます。しかもキレがめっちゃある!

シャウト自体は50年代のロックンローラーとして有名なリトルリチャードがすでに使用していました。その後すぐにJames Brownが力強いシャウトを見せてくれるようになります。

上に挙げてきたミュージシャンは少しデスボイス混じりのシャウト、少ししゃがれがかったシャウトですが、James Brownのシャウトは本当の「叫び」って感じがします。よければ聴いてくださいね。

 


James Brown "Soul Power" live in Kinshasa Zaire, 1974.9

 

 

今回ぽんたの好きなシャウト系ミュージシャンを挙げました。

こちらはもっと過激なデス系メタルをまとめた記事です。

 

www.pontaman7.com