ぽんたまん's レコード

社畜。変態。肉体改造中。目指せ!フルマラソン完走!

破天荒ロックドラマーKieth Moonに学ぶ人生を悔いなく生きる方法

この記事をシェアする

 

こんにちは。ぽんたです。

 

ぽんたは60年代ロックが好きでよく聴きます。その60年代の中でも異彩を放つドラマーKieth Moon(キースムーン)をご存知でしょうか?

超がつく有名バンドThe Whoのドラマーとして活躍しました。さまざまな伝説を残したかなりヤバい奴なんですが、彼から人生を楽しむ極意を学べるのではないかと思い、紹介いたします!

 

 

・Kieth Moonから学べること

思いっきり自由に生きて、ロックンロールのように駆け抜けろ。やりたいようにやれば悔いなく、かつ革命を起こせるかもしれない。ただし、人に迷惑をかけないこと。

 

f:id:pontaman7:20171029014930j:plain

 

 

演奏中の破天荒

 

Kieth Moonはロック界を代表する破天荒、自由人です。

まずはドラムから見てみましょう。

 


The Who - Pinball Wizard (Live)

 

ドラムをやったことある人ならびっくりするでしょう。自由極まりない演奏スタイルに!

Kieth Moonは同じ曲でも毎回違った演奏をすることで有名で、人生で一度も同じ叩き方をしたことないとまで言われています。そして、手数の多さ。畳み掛けるようなタム回しに度肝抜かれます。そして、ドラマーの基本としてハイハットでのリズムキープがありますが、Kiethはハイハットの使い方がわからなかったとも言われています。

この時点で既に自由人って感じがしますね(・∀・)

そして何よりパフォーマンスです!演奏後にドラムセットの破壊は当たり前。爆竹をドラムに仕込んで、「My Generation」演奏後に爆破。ギターのピートタウンゼントは聴力障害を患い、マイルスデイビスの妻でシンガーのベティデイビスは爆竹の勢いで気を失ってしまいます。

しかしこの破壊や爆破のパフォーマンスは後のライブ演出として大きく影響を及ぼします。

 

自由に楽しんで行ったパフォーマンスや演奏スタイルはドラム界の革命と言えるでしょう。ただ、ピートタウンゼントには迷惑かけすぎですね。。。いやいやバンドメンバーにも。。。

 

 

・キースの名言

僕はキースムーン・タイプのドラマーのなかじゃ世界一だ。by Kieth Moon

 

ブラックジョークが好きだからこそなのか??それとも唯一無二と言いたいのか。。。

 

 

Kieth Moonのドラムソロ

 


Keith Moon - Drum Solo 1974

なんかドラムの中に金魚いるし。。。

 

プライベートでの破天荒

 

正直なことを言うと、ドラムを叩いてる時の破天荒ぶりはまだまだです。

私生活の破天荒ぶりの方がとにかくやばい!!

 

・ホテルの窓から、家具やテレビを投げる

 

・ホテルのプールに車で突っ込んで、KiethだけでなくThe Whoまでもが、系列のホテル出禁となる。(死ぬまでブレーキとアクセルの区別ができなかったらしい笑)

 

・隣家の敷地内でバイクで突っ込む。週一のペースで。

 

・子供に薬物を強要して、子供が拒んだため喧嘩になる

 

・車でホテルの正面玄関に突っ込み、3人轢いた上、カウンターにぶち当たり車を止める。そして、何事もなかったかのように「俺のスイートの鍵もらえる?」

 

ロールスロイスごと自宅のプールに突っ込む

 

・多額のお金が入ったので、名優スティーブマックイーンの隣に家を建てる。しかも、家をマックイーンの家より高く建てた。マックイーンの奥さんを見たくて、見下ろせるように建てたというのが理由。

 

・ジャンプ台を作り、バイクでマックイーンの家の塀を越えようとした。

 

・マックイーンの家の塀の下にトンネルを掘っているところをマックイーンに見つかる。

 

・悩まされたマックイーンはKiethに塀を越えられないような高い塀を作った。するとなぜかKiethもマックイーンの塀より高い塀を作って対抗した。(マックイーンはガンで若くして亡くなった。Kiethが原因か?)

 

 

代表的なやばいエピソードを載っけました。

マジできちがいです。しかも検索すればまだまだ他にもやばいエピソード出てきますからね笑

 

こんな破天荒なやつでもLed Zeppelin」の名付け親です。。。

 

私生活でも自由に生き、やりたいように生きたKieth Moon。ぽんたは思うのです。こんな生き方をしてたら、きっと悔いはないんだろうなと。ドラマーとして、やりたいようにやったからこそ名ドラマーとして、名パフォーマーとして、ロックに革命をもたらしました。

私生活でもやりたいように生きています笑。人に迷惑ばかりかけてますがね。(事故ですが1人殺してます。事故ですからね!)

 

 

彼から学べるのは

 

思いっきり自由に生きて、ロックンロールのように駆け抜けろ。やりたいようにやれば悔いなく、かつ革命を起こせるかもしれない。ただし、人に迷惑をかけないこと。

 

ということだと思います。

 

Kieth Moonはロックの世界に革命をもたらしたのは間違いありません。それはやりたいようにやったからだと思っています。

 


The Who - My Generation live 1967

 

とにかく自由ですね。

最後はアルコールと薬物に溺れて死んでしまうのですが、自由に生き、ロックンロールのごとく駆け抜けた彼の生き様がぽんた的にはかっこいいのです!