ぽんたまん's レコード

社畜。変態。肉体改造中。目指せ!フルマラソン完走!

巨匠Billie Holidayの「Strange Fruit」から見える黒人差別と現状。

この記事をシェアする

 

こんにちは。ぽんたです。

 

皆さんはジャズ界の巨匠Billie Holiday(ビリーホリデイ)をご存知でしょうか。

 

f:id:pontaman7:20171027083538j:plain

 

ジャズの女性ボーカリスト御三家の1人と言われており、他のボーカリストには見られない豊かな表現を得意とする彼女。恋人に寄り添い、もたれかかるように愛を歌います11歳でレイプされたり、売春で逮捕、幼い頃から父親がいないなど、壮絶な人生を歩んだ経験を持ちます。

ぽんたの好きなジャズボーカリストとして常に上位に位置しているのですが、彼女を本当の意味で好きになったのは、「Strange Fruit」を聴いてからではないでしょうか。

 


Billie Holiday - Strange Fruit (1939)

 

この悲しげな、むしろ「怖い」とも思えてします楽曲ですが、「怖い」と感じた方はかなり勘が鋭いです。

この「Strange Fruit(奇妙な果実)」という楽曲は下の写真のことを歌っています。

 

 

f:id:pontaman7:20171027082845j:plain

 

1930年世界でもっとも権威のある報道写真の賞、ピューリッツァー賞を獲得した写真です。黒人差別を象徴している有名な写真。

黒人が木に首吊りにされています。これがBillie Holidayの歌う「Strange Fruit(奇妙な果実)」であり、この果実こそが黒人そのものを指しています。

 

衝撃的な写真ですが、1930年代はこのような状況が日常茶飯事でした。検索してみると似たような写真がたくさんでてきます。また、全ての写真において、群衆と化している白人たちが微笑んでいます。この当時は見せもの、ある意味娯楽的な要素さえ含んでいたのです。

 

黒人であるBillie Holidayがこの曲を歌うこと、このように首吊りにされて殺される黒人がたくさんいた時代に歌うことが計り知れない勇気と強さを感じます。反発すれば、自らが奇妙な果実にもなり得ない。

黒人=奴隷と見なされ、バスやトイレの隔離は当たり前。

白人学校に黒人の少年が入学しただけで、学校が爆破されたこともあります。

このような背景を知ることでBillie Holidayの魅力に気付かされます。

 

 

黒人差別は今なお行われている??

 

1950年代、60年代には「I Have a Dream」で有名なノーベル平和賞受賞者キング牧師や、キング牧師とは対象的に過激な発言で有名なマルコムXなど。黒人解放運動が盛んに行われ、30年代にあった奇妙な果実のような事実は数を減らします。

黒人解放運動が盛んだった時期から50年ほど経ちました。

今では、黒人が大リーグで活躍したり、黒人ハリウッドスターが誕生したり、黒人が差別されていたこともなかったかのように思えます。現に、今の若者は黒人が差別されていた事実さえ知らない人もいるかもしれません。

 

しかし、黒人差別はまだ根っこから消えていません。

2015年4月、立て続けに黒人の青年が白人警察官から暴行を受けて殺されています。当時、日本のメディアもこのニュースを大々的に取り上げていたことは記憶に新しいかもしれません。

 

また、トランプ大統領が就任し、白人至上主義を掲げて見えるところも差別の終わりはきていないと垣間見れます。

 

f:id:pontaman7:20171027094358j:plain

 

 

「Strange Fruit」歌詞

 

Southern trees bear strange fruit,
Blood on the leaves and blood at the root,
Black bodies swinging in the southern breeze,
Strange fruit hanging from the poplar trees.

Pastoral scene of the gallant south,
The bulging eyes and the twisted mouth,
Scent of magnolias, sweet and fresh,
Then the sudden smell of burning flesh.

Here is fruit for the crows to pluck,
For the rain to gather, for the wind to suck,
For the sun to rot, for the trees to drop,
Here is a strange and bitter crop.

 

南部の木は、奇妙な実を付ける
葉は血を流れ、根には血が滴る
黒い体は南部の風に揺れる
奇妙な果実がポプラの木々に垂れている

勇敢な南部(the gallant south)ののどかな風景、
膨らんだ眼と歪んだ口、
マグノリアモクレン)の香りは甘くて新鮮
すると、突然に肉の焼ける臭い

カラスに啄ばまれる果実がここにある
雨に曝され、風に煽られ
日差しに腐り、木々に落ちる
奇妙で惨めな作物がここにある。