ぽんたまん's レコード

社畜。変態。肉体改造中。目指せ!フルマラソン完走!

ニューヨークで知らぬ人はいない日本人シンセサイザー奏者。BIGYUKI

この記事をシェアする

 

こんにちは。ぽんたです。

 

ぽんたはお仕事中にラジオを聞くのですが、信じられないような言葉が飛び交ってきました!

 

「JAZZ TIMES誌が行ったベストシンセサイザー奏者を決める投票で、ハービーハンコック、チックコリア、ロバートグランスパーに次ぐ第4位を獲得!BIGYUKIさんです!」

 

これやばくないですか!?しかも日本人ですよ!しかも一般人の投稿によって選ばれたものなので、認知度はかなり高いと言えますよね(°_°)

ぽんたが愛してやまないハービーハンコック、スペインという曲で有名なチックコリア、若手ジャズピアニストとして人気のロバートグランスパー。この御三方に続く日本人がいたとは本当に驚きです。

 

f:id:pontaman7:20171019233102j:plain

 

気になったので早速BIGYUKIさんを拝聴してみました!

 

 


BIGYUKI "RED PILL BLUE PILL" Live at Le Poisson Rouge NYC

 

 

新しすぎる。。。

 

ロバートグランスパーを初めて聴いた時も新しい音楽だなぁなんて思ってたけど、これはそれを抜いてる気がする。。。

1曲の中で様々なジャンルが交差してる感じですかね。変化の激しい音楽だ。最近の映画とかも変化、展開の激しいものが好まれているみたいだけど、音楽の世界でも同じなのかな?

 

面白い。

 

 


BIGYUKI - John Connor feat. Bilal

 

 

浮遊感を伴う重み、怠惰感、ネガティブなサウンドに訪れる、ノリの良いダンス。ここだけとったらEDMみたい。

ビョークとかにも影響受けてそうですね。

いや、何に影響受けてるとかもはやわからない笑

 

今のところ、アルバムは1枚しかリリースされてないみたい。2枚目もそろそろ出るみたいだけど。

これからの活躍がかなり期待されるミュージシャンですね!どんどん新しい音楽作ってもらって驚かせて欲しい。